特徴

 

titl-topとは?

 

tokucyou-top0

「HGPscanServPlus」は、ネットワーク内の監視フォルダに対象ファイルを入れるだけで、自動的かつ
高速にPDFに変換するオールインワン電子文書変換サーバです。

 

使い方がとってもかんたん!

t-1

管理者
「HGPscanServPlus」をインストールしたサーバでPDF変換の設定をすれば完了です。
・Step1.監視するフォルダとPDF変換後に出力するフォルダを設定
・Step2.どんなPDFを作成するか設定(テキスト付PDFやセキュリティPDFなど)

ユーザー
WordやExcelなどPDF変換をしたいファイルを監視フォルダへコピーするだけ! ユーザには操作画面や設定画面は一切ないため誰でも利用ができます。 複合機やスキャナでスキャンした画像データも監視フォルダへいれればOCR機能による テキスト付PDF(全文検索可能なPDF)自動的に作成されます。

 

いろんな用途で利用できる!

t-2

社内の大量の紙文書をスキャンして全文検索ができるようにしたい
【OCR】スキャナはメーカを問いません。全文検索ができるテキスト付PDFを自動生成します。


一気にスキャンして電子化したいけど、ファイル名を付けたり仕分けしたりの作業が大変
【QRコード】QRコードがついている文書ごとにスキャン文書を自動分割できます。さらに、QRコードの認識結果からファイル名をつけたり、出力フォルダを振り分けることができます。 QRコードを作成するソフトもあります。

印刷禁止やコピー禁止にしたい、社内関係者へ公開はしたいが持ち出しは禁止したい
【セキュリティ】印刷禁止や編集禁止、コピー禁止、閲覧パスワードなどのセキュリティPDFが作成できます。

さらに、社内ファイルサーバ上でしか参照できないPDF社内ポータル上でしか参照できないPDFで社外への情報漏えい対策ができるセキュリティPDFも作成できます。

e-文書法対応したい(国税関連書類、診療記録、先使用権)
【e-文書法】紙文書の電子化データに電子署名・タイムスタンプを付与することでe-文書法に対応できます。

経理関係国税関連書類の電子化や病院などの診療記録の電子化、技術ノウハウの防衛のための先使用権などで利用が可能です。

 

サーバライセンスなので安価!

t-3

クライアントライセンス不要
HGPscanServPlusは、サーバライセンスです。クライアントライセンスは不要なので安価に検討できます。社員数やスキャナデバイス数にライセンスもかかりません。

 

 

システムとの連携ができる!

t-4

業務に合わせるシステム連携オプション
自動的にPDFファイルを生成した後に外部アプリケーションをキックすることでシステムとの連携ができます。さらに、外部アプリケーションからコマンドラインによる変換指示で「HGPscanServPlus」を利用することもできます。 ※システム連携オプションが必要です。

 

 

なぜ「HGPscanServPlus」が選ばれるのか!

t-5

3,900システム以上の導入実績と経験
日本国内で様々な業種企業様に選ばれ、約3,900サーバの豊富な実績があります。PDF変換サーバソフトメーカとして、ありとあらゆる付加価値をご提供できること、お客様の多くのご要望にもカスタマイズで対応してきたノウハウなど、経験と実績があります。