機能

 
 OCR QR バーコード

1:エリアOCR認識機能を大幅に強化、処理速度2~3倍高速化【UP!】

pscan-ocr
 帳票レイアウト解析画面
(指定エリアのOCR処理可能)

・新画像処理機能の搭載により、エリアOCR認識機能を大幅に強化へ
スキャン時のずれ、印刷時の縮小などにより、従来は読取りエラーになっていたようなケースでも、事前に登録した帳票テンプレートと自動マッチングして補正し、認識精度の大幅な向上を実現しました。
また、エリアOCRで取得したデータは、CSV出力して、外部システムとの連携もできます。
※OCR精度は、原稿や画像の品質に影響されます。試用版をご用意していますので、事前にお試し頂くことをお勧めします。

・活字OCR処理の高速化2~3倍へ
ソフトウェアの最適化によりマルチコアCPUをもったパソコンやサーバのハード資産を活かし、処理速度の高速化2~3倍を実現しました。

2:検索できないスキャン画像をOCRで検索可能に

ocrqr-1

スキャンしただけでは文字の検索ができませんが、OCRで文字認識結果を画像上に貼り付ける事により、文字検索可能なPDFを作成できます。
文書管理ソフト等で文字検索したい場合に使用します。

3:認識結果より出力先を振り分け

ocrqr-2

QRコードやバーコード認識文字列、OCRの文字認識結果でフォルダを作成、振り分けができます。
また、元ファイル名を使用して出力先のフォルダ振り分けをする事ができます。
スキャンするだけで、担当部署や支店、担当者等のフォルダに自動振り分けが可能です。

4:認識結果をファイル名に

ocrqr-3

QRコードやバーコード認識文字列、OCRの文字認識結果でファイル名を作成できます。
FAX受信や、スキャンデータ等、ファイル名が指定できない場合でも、変換時にリネームできます。

5:ファイルを分割

ocrqr-4

QRコードやバーコード、OCRの文字認識結果でファイルを分割する事ができます。
その他、白紙を挟んだ白紙分割、サイズやページ指定による分割ができます。
ファイル単位にスキャンしなくても、大量にまとめてスキャンしたデータをプログラムで自動分割する事ができます。